底地

底地とは何なのかについて

底地と書いて「そこち」と読みます。底地とは、土地のことを指しますが、第三者から地代を貰って貸し出されている土地の事を言います。また、この底地の権利を底地権と言います。借地権という言葉とセットとなることも多いです。この借地権とは、土地を借りて使用する権利のことです。底地として土地を貸し出した場合、所有権や底地権こそ地主にありますが、底地の使用権は一定期間の間地主にはありません。
逆に、土地を借りた第三者は、所有権は無くても、数十年間に渡りその土地を使用する権利があります。そのため、土地を貸し出してから数年程度で土地を返してほしいと言っても、法的には認められないことが多いです。近年、度々法改正が行われています。状況によって貸出期間が違いますので、土地の売買やその土地を返してほしいといった際には、専門家に相談された方が良いでしょう。
また、底地が話題になる場合、土地の利用や売買を考えているものの底地があり、その土地の使用権がないため、新しい建物が建てられないと言ったケース、売ろうと思っても、底地があってその部分は何十年も使用できないので、土地としての価値が著しく下がって、安く買い叩かれる、と言ったケースなどがあります。

TOPICS

底地の管理について

広い土地に何人もの借地権者に対して土地を貸し出している場合、管理が重要になってきます。また、一つの土地に一人づつの借地権者に貸し出している場合でも、そのような底地が多くあれば、やはり管理は重要に…