底地

底地は定期的に収入を得られる

底地とは、賃借人や地上権者がいる土地のことです。賃借人とは、土地を借りて利用している人のことです。地上権者とは、土地に建物や工作物を所有するために、地上権と言う権利を設定する者のことです。底地は、賃借人や地上権者がいるため、土地の所有者は、自分の土地でありながら、自由に使用収益することができません。
また、賃借権も地上権も登記することが出来るため、登記することにより底地の所有権が第三者に売却する時の支障になります。賃借権は、登記が出来ると言っても貸主の承諾が必要ですが、地上権は、底地所有権者の承諾は必要ありません。しかし、底地にもメリットがあります。底地の所有権者は、安定した地代収入が得られます。引き継いだ底地であれば、最初から、借地人がいるため、安定した地代収入を得ることができます。これに関連して、借地人と借地権者が賃貸借契約を更新するときには、慣習ではありますが、更新料が支払われます。この収入は、非常に大きく百万円前後に至ることもあります。
借地権者がいるため、好きに土地は使えませんし、売ろうとしても、自由に使用収益できない土地には買い手がつかないかもしれません。しかし、地代収入を定期的に得られることは大きいと思います。

TOPICS

底地の管理について

広い土地に何人もの借地権者に対して土地を貸し出している場合、管理が重要になってきます。また、一つの土地に一人づつの借地権者に貸し出している場合でも、そのような底地が多くあれば、やはり管理は重要に…